岩見十夢 『行ったことない街』

現在、NHK Eテレ「シャキーン!」にて絶賛オンエア中の片桐仁とエレキコミックやついがメインボーカルを担当するバンド、ザ・ぶどうかんズの新曲「いいわけ!?」の作詞作曲を手掛けるなど番組内の人気楽曲を数多く提供し、幼児から大人まで世代を超えて魅了し続ける孤高の天才SSW、岩見十夢の10年振りのフルアルバム『行ったことない街』リリース(2月8日)を祝して、各方面からコメントが届きました。

【以下コメント】

十夢さんが好きです。特に顔がタイプです。癒されます。
歌声も優しい、青春だな〜!
片桐仁(ラーメンズ)


人懐っこいメロディー。一度聴いたら、すぐ口ずさめてしまう親しみやすさ。懐かしくなったり悲しくなったり。そして、いつの間にか励まされている。
やついいちろう(エレキコミック)


星や花でラブソングを作る人はたくさんいるけど、
豚玉のお好み焼きやはっさくで愛を歌える人は、そうそういない。
そしてその歌は、やっぱり香りがぜんぜん違うのだ。
吉田尚記(ニッポン放送)


とむくん イズ バック!
ずっと変わらない、あの少年みたいな声が聴こえてきます。
へその曲がった、でもほんとうは恥ずかしがりやでやさしい、あの少年のうたごえ!
ビューティフルハミングバード 小池光子


昔から十夢くんの描く歌のテーマと詞がとても面白くて、ずっと好きでした。
待望の2ndフルアルバムで聴こえた新たな詞世界。
どうしよう、僕はさらに十夢くんの事を好きになってしまいました♡
ビューティフルハミングバード タバティ


岩見十夢は私にとって永遠の少年である。
『行ったことない街』をかけた途端に人懐っこく語りかけてくる歌声。
その言葉を追いかけると
「ウォー!!」と叫びながら河川敷を走り出したくなってきた。
なんて甘酸っぱいんだろう…
岩見十夢はきっと今日も綺麗な瞳をしているに違いない。
畳み掛けるように10曲目の「生きているからだ」は、特に胸への締め付けが強いですのでご注意下さい!
東川亜希子(赤い靴)


たまに十夢さんと話していると
俯瞰した何かに語りかけているというか...
自分が"彼の人生の役柄"としているんじゃないか。
そんな誰にも味わったことのないふしぎな気分になります。
多分こんな話本人に話したら「なにいうてんねん!」と笑われそうだけど、
十夢さんの書く曲は「岩見十夢」という主人公の書いた短編小説みたい。
私も十夢さんもあなたも出演者のこの歌が、
行ったことない街の人へも届きますように。
中村佳穂(京都/うた/ピアノ)


僕が岩見十夢の音楽に出会った「おいしい音楽」から実に10年が経って作られたこの「行ったことない街」。
一通り聴いての感想は、なにこれ!カラフル!である。
彼の音楽、思想はある意味で孤高であったのだけど(あんまり笑わないし)
この10年で彼の魅力に魅了された沢山の仲間が増え、
その世界は100倍に膨れ上がった(最近はよく笑う)。
もちろん岩見十夢独自のノスタルジックでロマンチックで突拍子もないオリジナリティは各曲で健在。
この音源を僕は今、毎日聴いている。きっと10年後も聴いているだろう。
特にお気に入りなのはM3アホウガラスとM10生きているからだ。
なんか。なんか泣ける。
タクマモトオ(あららら)


1. サイコロソングス
2. 口笛吹いて
3. アホウガラス
4. はっさくといよかん
5. 水の月
6. お好み焼き待ってる
7. イエティー オン ザ マウンテン
8. あの子は天使
9. 角田精肉店
10. 生きているからだ(MV)
11. 72億人分のあの人(MV)
ALL songs written by 岩見十夢(Except M-11 Music Written by 中村佳穂)

【参加ミュージシャン】
カポウ(キッコリーズ)、池田靖司(キッコリーズ)、鈴木裕(キッコリーズ)、西村サトシ(木箱)、SAyA(木箱)、磯部和宏(スモゥルフィッシュ)、金村東允(スモゥルフィッシュ)、阿部康史(スモゥルフィッシュ)、山崎良太(smarttail)、上野良輔 (ex.青空教室)、キクチマコト、butti(木霊、ほら吹きインディアンズ)、ぽんぽこたろー(あららら)、大久保由希、豊田健
型番 EHCD-0014
販売価格 2,376円(内税)
購入数


おすすめ商品


INK / WIL TED

1,000円(内税)


Ranking

Other page

About the owner

Let's Just Rock

音楽は基本全て大好きです(DD)が、特にROCK,PUNK ROCK,POP PUNK,POWER POP,RAMONE PUNK,GUITER POP,GUITER ROCKが大好きです。 自分は、音楽で救われたり、元気が出たり、自分の居場所が見つかったりするような体験をたくさんしてきたので、皆さんにもそういった想いが伝わればいいなと思っています。 良い音楽を広めたいという信念のもと、ステキな音楽をお届けしたいと日々頑張ります。

Top